会社情報Company

菊池襖紙工場航空写真

会社概要Profile

社名 株式会社 菊池襖紙工場
本社所在地 埼玉県草加市新里町1355番地
代表電話・FAX 代表電話:048-925-1245 FAX:048-925-8822
設立 昭和23年5月
資本金 1,200万円
事業概要 襖紙、壁紙、小間紙、インテリア商材の印刷加工及び販売
生産能力 月産100万枚(襖紙換算)
従業員数 85名(パートタイム含む)
役員 代表取締役 菊池 義明
取締役 宇梶 升一
取締役 菊池 啓子
取締役 菊池 崇徳
監査役 城田 民男
主要販売先
(50音順)
アークランド・サカモト株式会社
川庄襖紙 株式会社
コーナン商事株式会社
株式会社 ジョイフル本田
株式会社LIXILビバ
株式会社 利久
ルノン 株式会社
主要仕入先
(50音順)
株式会社 岡島
カセン和紙工業 株式会社
株式会社 黒田屋商店
那須製紙 株式会社
日栄化工株式会社

事業所情報Office

本社・工場関東

〒340-0031
埼玉県草加市新里町1355番地
TEL:048-925-1245 FAX:048-925-8822

アクセス:
日暮里・舎人ライナー「見沼代親水公園駅」下車 徒歩13分 /
東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」下車→東武バス 新里循環竹ノ塚「上町」バス停下車すぐ

大阪営業所関西

〒594-0081
大阪府和泉市葛の葉町1丁目4番8号
TEL. 0725-92-6558 / FAX. 0725-92-6559

アクセス:
JR阪和線「北信太駅」下車 徒歩10分

主要設備Facility

工場用地 工場用地 16,144m²
本社工場 13,855m²
製品倉庫 1,437m²
その他 852m²
主要建物 事務所棟/1棟 1,507m²
工場/4棟 5,105m²
原紙倉庫/1棟  525m²
製品倉庫/2棟 1,867m²
汚水処理室/1棟 98m²
社宅/1棟 660m²
主要装置 フレキソ印刷機 7台
グラビア印刷機 1台
フレキソグラビア印刷機 1台
スクリーン印刷機 5台
再湿糊コーター 1台
オフセット印刷機 2台
全自動輪転箔押機 1台
エンボスマシン 10台
シングルカッター 5台
塗装ブース 1基
排水処理プラント 1基
試験室 1室

沿革History

大正13年(1924) 東京都墨田区立花5丁目31番10号で襖紙の手捺染加工を始める。
昭和23年(1948) 菊池利男発起人、資本金200,000円で法人組織として(株)菊池襖紙工場設立。
昭和30年(1955) 多色輪転印刷機考案設置、エンボスマシンを導入し、手刷加工を機械印刷と併用する。
昭和31年(1956) 資本金3,000,000円に増資。滲み浮出し模様の印刷方法の製法特許取得。
昭和36年(1961) 資本金12,000,000円に増資。現在地に工場建設用地を取得する。
昭和51年(1976) スクリーン印刷工場を新設。大型壁画等の製作を開始する。
昭和54年(1979) 菊池利男が代表取締役会長に、高瀬裕が代表取締役社長に就任。巾広用印刷機・エンボスマシンを設置。
昭和58年(1983) 襖サイズ大型オフセット印刷機増設。
平成10年(1998) 高瀬裕が取締役会長に、菊池義明が代表取締役社長に就任本事務所・製品倉庫新設。
平成11年(1999) 紙壁紙用高精度エンボスマシンを導入。
平成14年(2002) ISO9001・2000認証取得 平成16年(2004)ショールームを設置。
平成17年(2005) グラビア印刷機の設置。 中国キーコム社と業務提携。
平成18年(2006) 中国上海の展示会にキーコム社と共同ブース出展。
平成19年(2007) 中国北京の国際壁紙展示会にブース出展。オリジナル紙壁紙見本帳「K&K シルクロード」発売。
平成20年6月(2008) 国内有力ホームセンター7社と直接取引開始に伴い、新たな商材として、粘着シート、ガラスシートが加わり、襖紙・障子紙・道具類等のアイテムの充実、商品構成の拡大を行った。
平成21年9月(2009) アルコア・ベネリア社、粘着シートの日本における独占販売権を取得
平成21年11月(2009) 埼玉県より「彩の国指定工場」の認可を受ける
平成22年 9月(2010) 輪転印刷機(12号機)・全自動輪転箔押し機を導入し新しい意匠表現の確立をする。